Mygollow's RooM ☆ youtube
t
........M....y..g.o...L..L.....o..........w................................... ブログパーツUL5..★
............................L...i.........f..e.......★
<< 見 つ け た 小 物 main 少 年 に な り た い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
こ ど も は こ ど も ら し く

小学校。

こどもは風を感じて、外で泥んこまみれになって、
大きくあくびして、喧嘩して、叱られて、仲直りして、

夕焼け小焼けに赤とんぼを追いかけて

そうして自由に おおきく感じて
むくむく すくすくと 育っていってほしいと思う。


最近、ある小学校に導入されたロボットの転校生、
ロボットとの学校生活に違和感を覚えてしまう。

特に、小学生という、その子の基盤ができるすごく重要な時期。

もっと、生身の感情や自然の雄大さ、生きるものの逞しさや儚さ、
きれい、かなしい、たのしい、くやしい、うれしい、、、

もっともっと おおきく繊細な部分、
綿密な機械に捉われず、縮こまらず、
ひろく、おおきく、感じて、育っていってほしいと願う。


『 こどもは こどもらしく 』


わたしが古風なのかもしれないけれど
物心つく大切な時期に
生きるものの命を、ロボットのON OFFとの同化を示唆するようなことは
できるだけしてほしくない。

たとえばある期間、一緒に過ごしたものが ロボットであれ鉛筆であれ、
愛着がわくのは当然のこと。
別れるのが寂しい、悲しいと感じるのは、その子の純粋な心の部分であって、
それはすごくいいことだと思う。

だけと、一番コワイのは、ロボットにも心はあるんだと、どこかで思ってしまうこと。

それは綿密にプログラミングされた回路が
心と称して活躍して蓄積していってるだけで、
本来 命をもったもののそれと同じにしてはいけない。

そう言ってるわたしでさえ、ある期間 ロボットと過ごせば、
そのロボットとの別れや、処分、燃やされる、などとなっとき、
共に過ごした日々の映写機が、理性を邪魔する。

「 かわいそう、燃やさんといて、痛がってる、(/_;) 」
って泣きじゃくって後々の人生に影響すると思う。

だからこそ、いろんなものが身につく ちいさい子たちにこそ、
それを与えてはいけないと思う。


あたたかい生身の鼓動の息吹を、生きるもののぬくもりを、心あるものの痛みを、
からだ全身で感じて生きてほしい。



少なくとも、わたしはそうして育てられました。

「ゲームオーバーの 簡単にやり直せる命と、
人の命を 同じライン上に感じてはいけないから」 と、

「殺す」 「生き返らせる」 「命を増やす」
そういった言葉を 日常に使うようになってほしくないからと、

ちいさい頃、ゲーム類やバーチャルの世界と繋がる通信機器を
持たせてはもらえませんでした。



命あるものの人生に セーブ機能はなく、
だからこそ真剣で、だからこそ必死で、だからこそ美しい。

だけど、ひとつ、安心していいのは、
消しゴムも修正ペンもないけれど、
真っさらの次のページにいくことはできるということ。
また新たな一歩をきって書き始めればいい。

そうして、ひとつの人生を終えるまで、ひとつのノートでいこう。
隠蔽はよくない、事実は事実。
正当化は嫌い、だけど浄化はできる。


わたしは生まれもって、感受性が豊かすぎたのか、
灰色の世界、ドロドロした渦巻きを見ると、精神がすぐやられてしまいます。

だけど、見過ごしてはいけない世界も、たくさんあります。


そんな世界に足を踏み入れる前に、
基盤が育つ時期だけでも、風をおおきくひろく感じて、生きていってほしい。




わたしが古風なだけなのかもしれないけど、切にそう願う。






 H A P P I N E S S   T O   Y O U .



02:36 ふと考えた。 comments(0)
スポンサーサイト
02:36 - -
comment

message :